ヨークシャーを疾走する蒸気機関車

sl

写真は以前にも紹介した(「脳内麻薬」の記事)
ヨークシャーのスリーピークスの1つワーンサイドWhernsideに
かかるリブルズヘッド高架橋を越えて突き進む
蒸気機関車。

 

写真からもおわかりの通り、機関車は
もの凄い白煙を空高く吐き上げながら、
ヨークシャーデイルズを疾走しています。
汽笛は耳をつんざかんばかりの大音量。
でも、気に障る音ではなく、
気持ちを高揚させられる音でした。
このときは、ちょうどボランティア仲間と
パトロール中だったので、
ゆっくりと機関車を見たり、写真を撮ったりする時間は
ありませんでしたが、
鉄道マニアとおぼしき人たちが何人も高架橋横の
丘の上に陣取ってカメラを構えていました。
同車種ではないのですが、
同じくセトルSettle・カーライルCarlisle鉄道を走る
機関車の動画がありました↓


雰囲気が伝わるのではないでしょうか?
20年前の映像ですが、ヨークシャーの風景は
今と変わっていませんよ。
セトル・カーライル鉄道で蒸気機関車が運行されるのは
シーズン中、月に数回でいつも見られるわけではありません。
また短い区間、Bolton Abbey~Embsay間では、
ファミリー・子供向けサービスなのでしょうか、
トーマスやパーシーの顔を付けた機関車が
走ってたりします。
セトル・カーライル鉄道は
蒸気機関車が走るラインとしてだけではなく、
車窓からの見事な景色でも知られ、
イングランドで最も美しい眺めだと言われています。
セトル・カーライル鉄道ホームページ(時刻表あり)
http://www.settle-carlisle.co.uk/
ヨークシャーでは、セトル・カーライル鉄道の他に
ノースヨークムーアズの
ピカリングPickering~ゴースランドGoathland間を
走る蒸気機関車も有名です。
ヨークシャーデイルズとノースヨークムーアズを
蒸気機関車で旅する、
実は私はまだいづれも体験したことがないので、
近いうちにぜひと思っています。
July 2007

コメント

  1. やたろう より:

    去年ピカリングから蒸気機関車に乗りました~頭の中には自然と「世界の車窓から」の音楽が流れ(^^ゞ 
    リブルズヘッド高架橋はドライブの途中に見つけて、列車が通らなかったけどしばし眺めてました。なんだか不思議なくらい見事な景色が広がってますね。デイルズもムーアズもまた行きたくなりました。日本とは違ういろんな地形を見るとわくわくします(^-^)

  2. 田舎歩き より:

    >やたろうさん
    カキコミありがとうございます。
    SLほど旅情を駆り立てるものは
    他にないかもしれませんね。
    さぞかし素敵な時を過ごされたこと
    でしょう。うらやましいです!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Translate »