ヨークシャーデイルズの村 アーンクリフArncliffe

width="300"
今年もイギリスを代表するフラワーショーの
チェルシーフラワーショーが始まりましたが・・・

arncliffe 1]
数年前、この写真の家がチェルシーフラワーショーに
出展された庭のモチーフとなっていたことがあります。
イギリスのカントリーガーデンをテーマにしていたと
思いますが、その庭が入選したかどうかは・・・。

arncliffe
写真向かって左側は家畜小屋になっています。
このヨークシャーデイルズの
のどかな村アーンクリフで
チャールズ・キングズリーCharles Kingsleyが
フォンタジー文学の走りといわれる
「The Water Babies(水の子供たち)」(1863年)を
書いたそうです。
あ、ひょっとしたら、
「この村からインスピレーションを得て書いた」
だったかも・・・
いずれにしてもアーンクリフは
チャールズ・キングズリーゆかりの村です。
私は未読ですが、この「ウォーターベイビーズ」は
ルイス・キャロルの「不思議な国のアリス」のように
イギリス人なら一度は読んだことのあるイギリスの
代表的な児童文学で、大人への教訓も含んだファンタジー
だそうです。

barn
前々回のトップにケトルウェルの村の写真を載せましたが
ケトルウェルとアーンクリフは山を隔てて隣り合っています。
アーンクリフは車で北イングランドの中心都市リーズから
A65経由で2時間弱です。
羊や牛が道路を横断してるのに出くわしますと
もっとかかりますけどね(^^;


ケトルウェル~アーンクリフを結ぶウォーキングルートは
山、川、村がワンセットになっている私のお気に入り
コースの1つ。一周4,5時間くらいでしょうか。


リトンデイルを流れるスカーフェア川River Skirfare


昔の小学校。1894年と刻まれています。
今は個人宅になっています。

arncliffe20church
アーンクリフの教会

ところで下は何の写真だかわかりますか?
教会に通じる十字路に置かれているのですが、
村人がウォーカーに休んでもらうために置いたベンチ
じゃありません。
stock

これは捕らえた盗人や侵入者の「見せしめ台」。
2つの穴に足を入れてロックしてしまうのです。
ここのは足だけですが、両手両足すべてをロックして
しまうものもあります。
イギリスの他の地方でも見られるのかもしれませんが、
ヨークシャーデイルズの各村にはこのような見せしめ台が
今でも残っています。
こういった歴史のカケラを目にすることができるのも
イギリスの田舎歩きならではのものです。

May 2007

コメント

  1. マレーちゃん より:

    ほんとに写真を見ているだけで、旅している気分になります。美しいですね。私もCharles KingsleyのThe Water Babies 未だ読んだ事が無いので読んでみたいと思います。

  2. 田舎歩き より:

    >マレーちゃんさん
    写真気にいっていただけたようで嬉しいです。これからもよろしくお願いしますね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Translate »